PostgreSQL インストール

PostgreSQLのインストールについて説明します。

インストール環境

CentOS 6.3

インストール手順

postgresユーザの作成

su -
useradd postgres
passwd postgres

関連ライブラリのインストール

su -
yum install gcc
yum install readline
yum install zlib
yum install flex  #2.5.31以降
yum install bison #1.875以降

postgresSQLインストール(ソースコードから) ソース一覧

cd /usr/local/src
wget http://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.0.9/postgresql-9.0.9.tar.gz
tar xzvf postgresql-9.0.9.tar.gz
cd postgresql-9.0.9
./configure
make && make install
#インストール先のディレクトリ /usr/local/pgsql

インストール後の設定

su - postgres
vi ~/.bash_profile
export PATH=/usr/local/pgsql/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/pgsql/lib:$LD_LIBRARY_PATH
#これを指定すると以降で、-Dを指定しなくて済む
export PGDATA=~/data
source ~/.bash_profile

起動 initdb -D /home/postgres/data –no-locale pg_ctl start -D /home/postgres/data -w

確認 psql

停止 pg_ctl stop -D /home/postgres/data

アンインストール

#ソースコードのディレクトリで実行
make uninstall
# 必要に応じて、次の後処理を行う
#  ・~/.bash_profileを元に戻す。
#  ・PostgreSQL操作用アカウントを削除する。
#  ・データベースクラスタのディレクトリを削除する。
comments powered by Disqus