PostgreSQL 組込み関数と演算子

日付を取得するにもいろいろな関数がある、トランザクション開始の時刻を取得するものなど用途によって使い分ける必要がありそうだ。

トランザクション開始時の日時を取得する関数

関数名 説明
now() タイムスタンプを取得する
current_timestamp タイムスタンプを取得する
localtimestamp タイムスタンプを取得する
localtime 時刻を取得する
current_time 時刻を取得する
current_date 日付を取得する

SQL開始時の日付/時刻を取得する関数

この関数は、1つのSQL内で複数回実行しても、同じ日時を取得する。

関数名 説明
statement_timestamp() タイムスタンプを取得する

関数実行時の日時/時刻を取得する関数

関数名 説明
clock_timestamp() タイムスタンプを取得する

文字列のマッチングを行う演算子

使い方 説明
select ‘abc’ ~ ‘^a’ => true 正規表現に一致する場合は真となる。大文字/小文字を区別する
select ‘abc’ ~* ‘^A’ => true 正規表現に一致する場合は真となる。大文字/小文字を区別しない
select ‘abc’ !~ ‘^A’ => true 正規表現に一致しない場合は真となる。大文字/小文字を区別する
select ‘abc’ !~* ‘^z’ => true 正規表現に一致しない場合は真となる。大文字/小文字を区別しない
comments powered by Disqus