Gitのトピックブランチ開発について

トピックブランチとは、簡単に説明すると、機能追加やバグ修正の単位でブランチを作って開発すること。

具体的には、以下のような手順で行う。

  • ローカルのmasterを最新化する。
   git pull origin
  • トピックブランチを作成する。
   git checkout -b "ブランチ名"
  • コミットは適当な間隔で行う。
   git add .
   git commit -m "一時的なコミットメッセージ" ← 最後に正式なメッセージをつけるのでこの時は結構適当(※1)
  • リモートリポジトリにコミット
   #マスタブランチに移って最新化する。
   git checkout master
   git pull origin

   # トピックブランチをマージする
   git merge --squash "ブランチ名"

   ~ コンフリクトしていたら手作業でマージする。 ~

   # トピックブランチで行った複数のコミットを1つにまとめてコミットする。

   git commit -m "正式なコミットメッセージ"

(※1)mergeする時に、「–squash」をつける場合に限る。つけない場合は正式なコミットメッセージにする。_

comments powered by Disqus