SwiftからWKWebViewを触ってみる

以下のサンプルを解説します。 手探り状態なので、 わかっていることを徐々に追加していきます。

登場人物

  • UIViewController
  • WKWebView
  • CGRect

UIViewController

プロパティ 説明
title ナビゲーションバーに表示する名前
view コントローラーに紐づくビュー
メソッド 説明
loadView
viewDidLoad 初回ロードされた時のみ呼び出される
viewWillAppear:(BOOL)animated 画面が表示される都度呼び出される

サイズや位置の指定

UIViewやそのサブクラスでサイズや位置を指定するにはCGRect、CGPoint、CGSizeクラスを使用します。 各クラス毎に、サイズおよび、位置が指定できるものが違います。

クラス サイズ 位置
CGRect ○︎
CGPoint -
CGSize -

凡例)○:指定必須 -:指定不可

参考

以下を参考にさせていただきました。

comments powered by Disqus