pythonのpass文について

pythonのpass文について、ピンとこなかったのでまとめました。

関数を定義して何も処理をしないってときに、passを使うらしいです。

>>> def do_nothing():
...     pass
...
>>> do_nothing()
>>>

んで、passを書かなかったらどうなる?

ってことで、やってみたら構文エラーになりました。

必要なんですね。

>>> def do_nothing2():
...
  File "<stdin>", line 2

例外クラスを作るときは、passを使うのは多用しそうですね。

class UppercaseException(Exception):
    pass

以上です。

勉強に使用している本

非常に分かりやすくておすすめです。

プログラムは経験あるけどPythonは初心者って方に、絶対おすすめの1冊です。

comments powered by Disqus