PostgreSQLのテーブル空間について

PostgreSQLのテーブル空間についての覚書です。 デフォルトでは、$PGDATA/base配下に、物理ファイルが生成される。 PostgreSQLではテーブル空間と呼ばれる、別のディレクトリにデータを配置する機能がある テーブルスペースを作成 CREATE TABLESPACE data LOCATION ‘/home/postgres/data’; テーブルを作成 CREATE TABLE store (id serial, name text) TABLESPACE data; 物理ファイルの場所を確認 $ oid2name All databases: Oid Database Name Tablespace ————————————– 24582 benchdb pg_default $ oid2name -d benchdb -i From database "benchdb": Filenode Table Name ——————————— 57358 store 57356 store_id_seq /home/postgres/data/PG_9.3_201306121/24582/

Read more

contribモジュールについて

contribというPostgreSQLの拡張モジュールについての覚書です。 contribution(コントリビュー)の省略 PostgreSQLの拡張モジュール デフォルトではインストールされていない。 DDLの発行でインストールが可能 ‘CREATE EXTENSION pgstattuple;’ データベースクラスタ内の各データベースが持つOIDを一覧表示 $ oid2name All databases: Oid Database Name Tablespace ———————————- 32768 benchdb pg_default 16385 docker pg_default 12032 postgres pg_default 12027 template0 pg_default 1 template1 pg_default テーブル空間のOIDを一覧表示 $ oid2name -s All tablespaces: Oid Tablespace Name ———————– 1663 pg_default 1664 pg_global テーブル、インデックス、シーケンスのOIDを一覧表示 $ oid2name -d benchdb -i From database "benchdb": Filenode Table Name ——————————— 32781 pgbench_accounts 32786 pgbench_accounts_pkey 32778 pgbench_branches 32782 pgbench_branches_pkey 32794 pgbench_history 32772 pgbench_tellers 32784 pgbench_tellers_pkey pgstattuple インストール (9.

Read more